古着買取ができない洋服とは

古着買取店によっては、店舗に合わない洋服は、買取不可となってしまう事もあります。
どんな洋服でも買取可能としている古着買取店であっても、破れているような洋服や、大きなシミがあるような場合、つぎはぎがあるような洋服は、買取不可となっていますし、自分自身で作った洋服も、大抵の場合、どこの店舗での買取をしてもらう事が出来ません。

その他にも、下着や水着なども買取不可となっている店舗が多くなっており、下着や靴下の場合には、一度でも着用している場合には、確実に買取を依頼する事は出来ません。

その他にも、ブランド品の模造品となる物は、ノーブランドでも買取可能としている店舗であっても、買取不可となってしまう事が多いとされています。ボタンがない部分があるような洋服や、ひどい臭いが残っている場合、毛羽立ちや毛玉が数多くある洋服なども、店舗によっては買取不可となってしまいますから、注意しましょう。

古着買取を依頼する場合、自分自身が、その洋服をまだ着る事が出来るかどうかで、買取店に持ちこむか否かを判断すると良いでしょう。デザインではなく、その洋服の状態で判断し、外に着ていくことができないと自分自身で思う洋服は、買取店に査定に出すのではなく、処分対象としましょう。

いくらグラム買いが可能としており、シミや汚れがある洋服でも買取可能としている店舗であっても、買取店側としては、売却する事ができない洋服であるわけですから、査定に出さないようにしましょう。

古着買取をする際の注意点とは

古着買取店に査定を出す際の注意点としては、ある程度、その洋服のシワや汚れ、臭いなどを除去しておく方が良いとされています。

わざわざ査定に出す前に、洋服をクリーニングに出す必要はありませんが、ある程度汚れを取ることができていれば、シミがある状態に比べると、若干でも高値での査定額を出してもらう事ができますし、シワがある場合には、アイロンをかけるだけでも、若干の査定額アップを期待する事が出来るとされています。

洋服を長い間しまっていると、防虫剤の臭いが染みついてしまっているような人が多いのですが、防虫剤の臭いは、査定額ダウンとなってしまう原因の1つとなりますから、ある程度臭いを除去した上で古着買取店に査定を依頼するようにしましょう。香水や柔軟剤の臭いもできるだけ除去しておくようにしましょう。

一度にまとめて洋服を査定に出す方が、面倒に感じないため、段ボールにごちゃごちゃに混ぜて査定に出すような人もいるのですが、できるだけ分類し、店舗に合わせて古着買取を依頼する事も大切ですし、丁寧にたたみ、1着ずつ、大切にしていた状態がわかるようにして査定に出すようにしましょう。

ごちゃごちゃに段ボールに入っている洋服であると、大切に使われていなかった証明となってしまい、査定額が下がってしまう事がありますし、多くの洋服を大量に持ち込むことで、1点当たりの価値が下がってしまう事が多いとされていますから、注意しましょう。

古着買取の店舗を選ぶ

古着買取の店舗を選ぶ場合には、その洋服に合わせて買取店を変えると良いとされています。

ブランド物である場合には、ブランド専門店に依頼する方が高値での買取となる場合が多いとされていますし、ノーブランドである洋服を、ブランド物専門店に持ち込みしても、査定不可としてその洋服を返却される事になり、処分さえしてもらう事が出来ません。

自分の洋服のブランドがどこの物であるのかチェックをし、洋服に合わせ、古着買取店を探したうえで、少しでも高値で買取をしてくれると評判の良い店舗を探すと良いでしょう。

古着買取店は非常に数多くありますから、複数の店舗の中から買取店を選ぶ事を迷ってしまう事もあるかと思います。そんな時には、多くのブランドの取り扱いをしている店舗や、実績が数多くある店舗での売却がお勧めです。

その他にも自社で買取をした洋服を販売しているような店舗の方が中間マージンを必要としませんから、その分高値での売却となることが多いですし、店舗を実際に構えている店舗の方が、安心して取引を進める事が出来るとされています。

実際に店舗を構えていない古着買取店の場合、売却後に振り込みがなかったり、返品ができなかったりと、何らかのトラブルが起きてしまった場合に、電話やメールのみでの応対となってしまうため、不安を感じやすいとされていますから、実店舗を構えている買取店の方が、安心して査定を依頼する事が出来るとされています。

どんな古着でも買取できるの?

古着買取店では、取り扱いをしている洋服が店舗によって異なります。

そのため、ブランド専門店に、ノーブランドの洋服を持ち込んでも、査定額を出してもらう事ができません。その他にも、ユニクロやGUなどのファストファッションブランドなども、ファストファッションの取り扱いをしている店舗ではないと、買取不可となります。

古着買取の店舗によっては、ブランド物だけではなく、ファストファッションや、ノーブランドなどの買取も積極的に行っている古着買取店もあります。店舗によっては、グラム買いを取り入れており、どんな洋服であっても、重量をはかり、その重さによって、買取金額が異なるとしていたり、持ち込んだ点数は関係なく、現金と引き換えではなく、店舗で使用する事ができる商品券と交換する事が出来るような場合もあります。

少しでも高値で売却を進めたい場合には、ブランド品は、ブランド専門店での買取とし、ファストファッションは、ファストファッションの洋服を専門に取り扱いしている店舗に依頼し、残りの洋服は、全てどんな洋服でも買取可能としている店舗に査定を依頼する方が良いとされています。ブランド物をグラム買いとしてしまうと、数百円から数千円程度、損をしてしまう事になりますから、注意しましょう。

どんな洋服でも買取可能としているからといっても、あまりにも状態が悪い洋服や、シミだらけである洋服は、マナーとして査定に依頼する事は控えましょう。

古着買取のデメリットについて

古着買取のデメリットとしては、査定に出すのを面倒に感じる人が非常に多いという事です。持ち込みにて査定を依頼する場合には、持ち込みをする事を面倒に感じる人が多いですし、宅配買取を依頼する場合にも、宅配業者に荷物の依頼をかけなければいけない事を面倒に感じる人が多いとされています。

訪問査定の場合には、自宅に査定士が来ることになりますから、査定を依頼したら、売却を進めなければいけないように感じてしまい、思うような査定額とならなかった場合でも、売却を進めてしまうような人も少なくありません。

その他のデメリットとしては、自分が思っているよりも、その洋服の査定額が低い場合もありますから、必ずしも思うような査定額にならないという事もデメリットとなります。

数万円で購入した洋服であり、比較的状態も良ければ、自分自身でも、数千円の価値はあるだろうと思い、査定を出してもらったとしても、買取業者によっては、数百円での取り引きとなってしまうような場合もあります。

古着はその洋服の状態だけではなく、流行りなども考慮して査定額が出される事になりますから、自分では価値があると思っていても、古着買取店ではそれほどの価値があると判断されないという事もデメリットであるとされています。

洋服によっては、古着買取店に依頼するよりもオークションに出した方が、高値で売却を進める事が出来る場合もありますから、まずは古着買取店にて、査定を依頼してみると良いでしょう。

古着買取のメリットについて

古着買取を利用するメリットとしては、使わなくなった洋服を、現金に換えてもらう事が出来るという事です。洋服を処分してしまう場合には、費用がかかってしまう事になりますから、少額であっても、現金にする事ができれば、得した気分になることでしょう。

処分を検討している洋服の中には、思い出がこもっている物もありますし、高値で購入したため、処分してしまうのはもったいないと思うような洋服もあるかと思います。そのような洋服であっても、捨ててしまうのは忍びないと思っていても、現金に換える事ができ、新たな持ち主が大切にしてくれるのであれば、使わないままタンスで眠っているよりも、活躍する場があるわけですから、自分の気持ちにも整理がつきやすいのではないでしょうか。

古着買取店では、古着だけではなく、靴やバック、鞄などの小物の取り扱いをしている店舗が多いため、一度に多くの品物を売却する事が出来る事もメリットとなるでしょう。

店舗によっては、決められたブランドのみの買取としているような店舗もありますが、取り扱いをしている店舗に合わせて買取店を変えれば、それだけ高値で洋服の売却を進める事ができますし、その洋服の価値を見極めてもらう事ができますから、満足のいく取引となりやすいと言われています。

古着買取を依頼する場合、持ち込み査定をイメージする人が多いのですが、その他にも、宅配や訪問など、様々な買取方法がありますから、自分の都合に合わせて利用する事が出来るとされています。

そもそも古着買取とは?

着ない洋服は、廃品回収や燃えるゴミとして処分する人が非常に多いとされていますが、処分してしまう洋服であっても、その中の大半は、まだまだ着る事が出来る洋服がほとんどであると言われています。

多くの人が、洋服をボロボロになるまで着古すという事がないとされており、流行りではないから、好みではなくなったから、サイズが変わってしまったからなどという理由により、処分してしまっていると言われています。

子ども服の場合は特に、1年経過する前に、サイズが変わってしまい、まだ1、2回しか袖を通していないような洋服を、そのまま処分してしまうような場合もあります。

廃品回収に出せば、トイレットペーパーなどと交換してもらう事が出来ますが、燃えるゴミとして処分する場合には、ゴミ袋代として、費用がかかってしまう事になります。

ですが、古着買取店に持ちこみをすれば、状態によっては、1着数千円の価値がある場合もありますから、洋服は処分してしまうのではなく、古着買取店に持ちこむと良いとされています。

自分自身ではもう必要ないと思っている洋服であっても、需要があると古着買取店が判断した場合には、高額での査定が可能となります。ブランド物は比較的高値となりやすいのですが、ノーブランドであっても、数百円での買取となる場合もあります。

たとえ数百円で買取となってしまった場合であっても、ゴミの処分の為に費用がかかってしまうよりも、お金をもらう方がお得ですから、いらない洋服は古着買取を取り入れると良いでしょう。